アンチエイジング オヤジ
アンチエイジング

2008年10月11日

味方がいないのはツライというか。。。

出会った人全てを.jpg




今の会社に転職して1年。。。


私には味方はいるのだろうか??



いや、今はいないと思います。
なぜって味方になって欲しい人がいないから。

これって不幸でしょうか??


確かに味方はいるかもしれない(どっちやねん)
ただビジネスパートナーとしてなって欲しい味方が
いないというだけ。


パートナーになって欲しい人たちはみんな辞められて
しまう、、、
そんな現状です。


ただ社外では徐々にやりとりをさせていただいている人が
増えているような感じがします。
まだしっかりとした関係ではないですが、これが心の
支えという部分もあります。

大変刺激をうけさせていただいております。



そんな時に見つけた本。



 【出会った人すべてを味方に変える技術】

  臼井 由妃 (著)




結構、こんな心の中まで話していいのかーー!!??
なんて思いますが、それだけ著者の決意が感じられます。



★今日のヒトコト


“味方を作りたいのなら、出過ぎたパフォーマンスよりも
 半歩下がった積極性が必要です”





→下がりながら前へ出る。
 神業です。





他のブログを見る






posted by アンチエイジングおやじ at 02:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガン検診×オヤジ

アンチエイジング ガーン.jpg





本日は荒川区のガン検診へ。。。


無料なのが◎です。



やっぱりなんら若作りしてましても、年齢は完璧に
おっちゃんなので、そりゃ防御はしておく必要があります。


アンチエイジング オヤジは泥くさーい事も進んでやります。



備えあれば。。。です。


今は特に健康には問題ないですが、それに満身してるわけでは
なく、なんならサイボーグレベルまでに高めようとしてる
訳ですから。

そうぢゃないと目立たないでしょ??

いずれ『アンチエイジング オヤジ講座』なるものを主催
する時の受講者のために、私はサイボーグになろうと
思います。





サイボウズではなくサイボーグです、念のため。




●今回のアンチエイジング度(10点満点)


・食物   :
・運動   :
・マインド :★★★
・面倒度  :☆

・評価   :3.0点


(食物+運動+マインド)÷面倒度(コスト) 
 = アンチエイジング オヤジ






- ちなみに来てた人たちで友達になれるような人はいなかったです -












posted by アンチエイジングおやじ at 01:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

打倒!! 福山雅治

アンチエイジング 福山2.jpg




実におもしろいっ



ご存じ、福山&柴崎先生



別に映画を見てきた訳ではなく、
福山の声に対抗しようとボイススクールに通っております。
http://www.businessvoice.jp/


出来る事は全てチャレンジしていこうと思っております。




そう言えば先々週も記事書いたような。。。
http://alliance-build.seesaa.net/article/107294002.html

なぜ書いてしまったかと言いますと、私のビジネス指針に参考に
させていただいているブログ
【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」
http://www.yomugakachi.com/article/107418371.html

に関係する記事があったもので影響されてしまいました。




ビジネスにおいて声は非常に重要と思います。
特に一発勝負のプレゼンとか、または初対面の印象を良くする等。


部下、上司を説得するにもエエ声+論理的に話せば影響力も
大きいはず。

※声ばかり良くて内容がカラなら逆効果です、完璧に。
※他にも仕草とか諸々要素はありますが。



福山の声もそうですが、ビジネスにおいて低めの声の方が
説得力があるそうです。
これは分かるような気がします。

ただ大事な部分においては低い方が良いですが、クライアント
とおちゃらける時なんか、意識して高めの声を出します。

少しはギャップも見せていかないと。
(コレ、結構重要)



そんな訳で自分の声がどのように変わって、それがビジネスに
どう影響してくるかホント楽しみです。





★響いたコトバ


世の中で最も残念な言葉は、
「やってみたらできたかも知れない」である。



『扉の法則』
ジェームズ・スベンソン


横田先生の本に書いてありました。


ワンランク上の問題解決の技術《実践編》
視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
-横田 尚哉 (著)-


問題解決.jpg






他のブログを見る






posted by アンチエイジングおやじ at 13:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。